ニュース

プレスリリース

地方創生プロジェクト「Cloud ON OKINAWA」発足
〜沖縄県 4 市町とIT関連企業 9 社が沖縄地方創生に向けて連携協定締結〜

2017.04.18

PDF ファイルで見る pdf

株式会社 KDDI ウェブコミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:山崎雅人)は、全国の市町村と IT 企業が連携協定を結び、IT サービスを活用して地方創生を推進するプロジェクト「Cloud ON」を発足しました。第一弾として、4 月 18 日(火)に、沖縄県内の課題を解決するプロジェクト「Cloud ON OKINAWA」の連携協定を締結しました。
沖縄県の参画市町村は、糸満市、沖縄市、竹富町、宮古島市の4市町。参画企業は、KDDIウェブコミュニケーションズ、沖縄セルラー電話、CAMPFIRE、Square、freee、BASE、ライフイズテック、ラクスル、Ryukyufrogsの 9 社です。


「Cloud ON OKINAWA」では「中小事業者へのITサービス導入」「地域の課題解決」「地域の人材育成」の 3 つを柱に取り組み、地方創生を推進します。
「中小事業者への ITサービス導入」では、ホームページ作成、ネットショップ作成、カード決済など、中小事業者がすぐ利活用できる IT サービスを用意し、販売促進や販路拡大、決済手段を増やすなど中小事業者の事業拡大を支援します。
また、「地域の課題解決」として、一次産業の IoT 化や移住テレワーカーへの仕事供給など、連携する市町村の抱える課題に取り組みます。
さらに、「地域の人材育成」では、沖縄県の持続的な経済発展の中心となる人材を育成、若年層のプログラミング教育や次世代リーダーを育成するサービスを用意し、参画市町村と共に進めてまいります。
現在は 4 市町との取り組みとなっておりますが、今後は沖縄県の参画市町村を増やし、範囲を拡大していく予定です。2017 年度中に沖縄県の 3 分の 1 の市町村がこのプロジェクトに参画することを目指します。

Cloud ON OKINAWA の取り組み事例

先行事例として、宮古島市のフリーペーパー「宮古島BBcom」と連携し、フリーペーパー契約加盟店舗の希望者に対して、「Jimdo」「BASE」「Square」「freee」を導入するという取り組みを行っています。その動きと連動して、ウェブサイトを作りきれない店舗の方々のために竹富町の移住テレワーカーと提携し、ウェブサイト作成を依頼する取り組みも行っています。この取り組みは、宮古島市の課題である店舗 PR 不足の解消と、竹富町の課題である移住テレワーカーへの仕事供給という 2 つの課題を同時に解決する試みです。


また、「地域の人材育成」としては、持続可能なプログラミング教育の仕組み作りを目指し、宮古島市で取り組みを開始しています。
Cloud ON OKINAWA 参画企業のライフイズテック社は、宮古島市教育委員会、宮古島市の株式会社リチャージなどと連携して総務省の「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業の公募に参加し、沖縄ブロックとして選定されています。
宮古島市の子どもたちがプログラミングに触れる機会を増やすことによって、IT人材を育成、将来的にIT事業が島の主要産業のひとつとして発展するように支援します。


提供サービスについて


参画市町村


後援

沖縄県庁 琉球銀行

Cloud ON OKINAWA オフィシャルサイト

URL:https://www.cloudon.okinawa/

株式会社 KDDI ウェブコミュニケーションズについて

会社概要

1997 年以来ホスティング専門事業者としてサービス提供。レンタルサーバー「CPI」、クラウドサービス「CloudCore VPS」、ウェブサイト作成サービス「Jimdo」、クラウド電話API「Twilio」、ブログサービス「g.o.a.t」を展開する。
https://www.kddi-webcommunications.co.jp/

プレスリリースに関するお問い合わせ先

株式会社 KDDI ウェブコミュニケーションズ
〒107-0062 東京都港区南青山2-26-1 南青山ブライトスクエア 10階
広報担当 川上
Tel : 03-6371-1919
e-mail : pr@kddi-web.com

pagetop